カレンダー

2015-01-24 (土) 13:30~15:30
つどい
信仰を語る会

アッサラーム アライクム

本件会合のご案内を添付しました。

次回は、124日(土)13時半からです。

テーマは「愛情と慈悲」です。

標記の会を以下の通り開催しますので、ご案内致します。

 

 

日時;毎月第4土曜日午後13時半~15時半、

次回第9回は124(土)13時半開始

場所;JMA代々木事務所

内容;『イスラームの精神世界-信仰の日々』(第9回は160180頁、

       参加者無料配布)を巡る話。講話や意見交換など。

幹事;アミーン水谷理事

特記事項;男女成人を対象。事前登録不要、会員の紹介による非会員・非ムスリムの参加も可能。飲み物は各自持参でお願いします。

 

 

前の第8回会合は安寧と安心についての話でした。それらは今年度の本会合の大きな山になるテーマでした。

天国ではそれらは永久のものとして至福(トゥーバー)と称されますが、天賦の才覚としては平静(サキーナ)と呼ばれる心境です。

サキーナは信仰の基盤となります。そして信仰により人生の存在の真実・哲理に結ばれると、それはサキーナを補強するものとなります。

こうして信仰とサキーナは相互補完的であるという関係を浮き彫りにするので、前回のテーマは山となったというわけです。

次回第9回では、愛情と慈悲がテーマです。通常の用語として、愛情や慈悲の意味を知らない人はいないでしょう。

しかしイスラーム信仰の世界においては、この日常感覚や俗世的な理解を越えることになります。

つまりアッラーとの関係において固有の意味内容が付与されているということです。

信仰の世界や生活は従来の価値観を乗り越えさせるものであり、そうであるからこそ信仰を持つ意味があり、信仰をますます磨き、あるいは時にイスラーム誤解を是正する必要があるということになります。

非ムスリムの方々もお誘いあわせの上、参加方ご案内いたします。