JMAとは

0. 宗教法人 日本ムスリム協会規則 PDFファイル

 

1. 活動及び理念と目標

 

- 特色 -

 協会は宗教法人であり、政治色を持ちません。又他の宗教団体に見られるような、ある特定の教祖的指導者の下に結成されたものではありません。会員組織によって民主的に運営されています。正会員は会則によって入会手続きを行い、会員名簿に登録されたムスリムをいい、国内に在住する外国人ムスリムをも含みます。そして会の運営は、会員総会の選挙によって選出された会長と理事によって行なわれます。又、非ムスリムの人も準会員として、規定に基づき、活動に参加できます。

 

- 活動 -

 活動としては、イスラームの宗教活動としての宣教・広報出版・信者の育成教育・宗教行事や儀式の開催・海外イスラーム諸国との親善協力及び国内の宗教団体との対話など幅広い活動を行っています。

 

- 目標・理念 -

 当協会の目的は、少数派のムスリムが日本社会と協調しながら、イスラームの教義を実践していく道筋をつくることです。そのために、イスラームの信仰に基づいた真理の追究と国際交流は当協会の特色となっており、それが発足以来の伝統として会員のイスラーム諸国への留学生の派遣に見られます。その数は60人にものぼっており、帰国後は各分野で活躍しております。協会活動はこれらのイスラーム諸国で生活の経験のある会員を中心に、ボランティアによって行なわれています。

 

2. 沿革

 

- 創立 -

 日本ムスリム協会は、日本における最初のムスリム(イスラーム教徒)の団体として、1952年に設立され、1968年6月に宗教法人として認可され登録された宗教団体です。現在東京都渋谷区代々木に本部事務所を置いています。

 

- 各世代の協会会長 -

 1960年に信仰心が厚く人びとの信望を集めた初代会長のサディーク・今泉が逝去し、二代会長にウマル・三田了一が就任しましたが、聖典クルアーン邦訳のため1962年にマッカ(メッカ)へ渡りました。三代会長にアブドルカリーム・斎藤積平が選任され国際交流を果すと同時に留学生の派遣に尽力しました。四代会長のアブーバクル・森本武夫は出版活動を推進し、会報『イスラーム』を創刊し、三田訳日亜対訳聖クルアーンを出版しました。 

 五代会長のアブドルムニール・渡辺正治と六代会長のオマル・五百旗頭陽二郎は、日本のオイルショックに端を発した混乱した中東認識の中で、当協会のアイデンティティを明確にし、又会員のためのイスラーム霊園の管理運営に努力しました。 

 七代会長に留学経験者のアブドルサラーム・有見次郎が選任され、以後は留学経験者の会長が続き、八代会長のズベイル・鈴木珀郎、1990年、九代会長にハーリド樋口美作が就任、宣教と文化活動の充実を計りながら、協会事務所の拡充やイスラーム霊園の管理運営にも努め、2003年、徳増公明が十代会長に就任し、現在にいたっています。